銚子市市議会議員

加瀬 庫蔵(かせ くらぞう)の公式サイト

Kurazo Kase Official Web Site

2013年3月議会一般質問

2013年3月議会一般質問
加瀬庫蔵


 周知のとおり、3月議会は新年度予算を審議する重要な議会であります。常識的に考えて、当初予算が提案され、施政方針が提起されるのが筋であります。ところが、予算は骨格予算と言い、施政方針はやらずに定例の市長挨拶が行われました。その理由を、「年度当初に市長選挙が控えているから骨格予算にした」「施政方針は、新たな市長が所信表明を行うべきなので、施政方針演説は控えた」との事でありました。

 その様に説明しながら、市長挨拶は自らの「マニフェストの進捗状況と、年度当初に位置付ける新規事業を中心に」と断りながら、自らの4年間を自画自賛したのであります。

 銚子市の現状は、市長挨拶で述べられた項目を見ても、厳しく大変な状況になっているのが現状であります。それは財政の現状から明らかであります。歳入では「市税収入や各種交付金が軒並み減少する見込み」「地方交付税は、震災復興特別交付税の大幅な減少が見込まれ」「財政調整基金や減債基金がほぼ底をつく」状態で、市民生活に直結する「民生費」「土木費」「教育費」等々は軒並み大幅な歳出の削減であります。それだけではありません、行財政改革に取り組み歳出の削減をしてもなお、「歳入確保のため」として「使用料手数料の見直し」を「市長選挙後の補正予算で対応予定」としているのであります。それだけではありません、今年度予算でも国民宿舎跡地やマリーナ後背地など、公有地の売却費用を財源とした予算編成となっているのであります。

 そこで質問をいたします。


1つ、 これほど厳しい市財政の現状認識について、何も語らない市長挨拶は問題であります。何故、市財政の現状認識について何も語らないのか伺います。

2つ、 市長選挙があるから「骨格予算にした」としていますが、野平さんが市長に立候補を表明しなければその説明で納得できますが、立候補を表明しているわけだから、本格予算を組んで堂々と市長選挙を戦うべきであります。市長選挙に立候補表明していて何故骨格予算なのか伺います。施政方針演説についても、市長選挙があるから行わないとしていますが、市長選挙があるからこそ施政方針演説を行うべきだと思いますが市長の見解を伺います。

3つ、 厳しい財政の中で政策的判断をする新規事業の予算措置を、当初予算で示すべきなのに、なぜ示さないのか伺います。また、政策的判断をする新規予算とはどのような事業なのか伺います。

4つ、 「市長選挙後の補正予算で対応予定」としている手数料・使用料の値上げは何を値上げしようとしているのか伺います。

 次に、「底をつく」としている財政調整基金と減債基金についてであります。平成23年度末の現在高は、財政調整基金が4億476万7千円で、これに2億5074万7千円を積み立て、年度内に6億1278万4千円を取り崩し、平成24年度末現在高見込みは4272万8千円であります。減債基金も同じで、平成23年度末は2億77万3千円が平成24年度末は95万6千円となっていて、財政当局が言うように「底をつく」状態になっています。

 そこで質問をいたします。


1つ、 財政調整基金や減債基金が底をつく状態になった政策的な原因はなんですか伺います。

2つ、 市税収入や各種交付金が軒並み減少し、財政調整基金や減債基金が底をつく状態で、消防庁舎及び市庁舎の一体整備の財源措置は可能ですか伺います。

3つ、 厳しい財政事情の中で、577万円の契約で「(株)アイ、シ、エフ」に空き店舗調査を依頼しているとの事ですが、その理由は何ですか伺います。

 次に、消防庁舎及び市庁舎の一体整備について質問をいたします。今議会の市長あいさつで「『消防庁舎の整備』ですが、現在の市庁舎南側駐車場の位置に、同じく耐震性能が著しく不足している市庁舎と一体整備すべく始動しました」と述べました。一体整備という事は新築で始動という事のようであります。さらに、3月1日の「広報ちょうし」の「市長のつぶやき」では「市役所敷地内での両施設合築案を若手幹部が見つけた。一体整備で市費の1割、3億円も浮く。お見事、国も内諾した」との述べ、「国の内諾」を高らかに報告しています。言うまでもなく「内諾」とは内内の承諾という事であり、申請すれば認められるという意味であります。さらに、過日新聞折り込みで入った「自治のプロ、野平匡邦の公約・マニフェスト」では「銚子市にとって長年の重い課題であった市役所・消防署の建て替えが出来る財政的な見通しがつきました」と述べ、財政的な見通しがついた。要は申請すれば認められるとなっている事を、これまた高らかに報告したのであります。

 そこで質問をいたします。


1つ、 消防庁舎及び市庁舎の一体整備を5月末期限の計画申請に向け準備していくという事は、新築での申請に向けた準備という事ですか伺います。

2つ、 3月1日の「広報ちょうし」「市長のつぶやき」で述べている「国も内諾した」とはどのような事なのか伺います。

3つ、 「自治のプロ、野平匡邦の公約・マニフェスト」で明確になっている「市役所・消防署の建て替えが出来る財政的な見通しがつきました」とは、どのように見通しがついたのか伺います。

4つ、 緊急防災・減災事業債が使えても、市の持ち出し分は30億円を超えると言われています。現在の市財政の現状から大丈夫だと判断していますか伺います。

5つ、 市庁舎新築の検討を表明した市長が、市庁舎エレベーターの整備を行い、更に、一階のエアコンを整備しています。これはどのような事ですか伺います。

 ゴミ処理広域化事業について質問をいたします。

 平成25年3月1日発行の東総地区広域市町村圏事務組合のチラシが新聞折り込みされました。その中で「ごみ処理広域化推進事業」として、「銚子市野尻町地区に広域ごみ焼却施設の建設を目指しています」との見出しで、「建設計画の周辺地の皆様に、広域ごみ焼却施設の建設に理解を得る事を最優先に考え、基本協定の締結」の報告があり、最後に「広域最終処分場の建設候補地についても、銚子市内で選定していく予定です」との内容でありました。「焼却施設を優先的に考える」というこの内容は、明らかに東広圏の決定とは違う内容になっています。

 違う内容とはどの様な事か、東広圏の決定は、「焼却施設の建設を優先した建設方針から、焼却施設と最終処分場を一体の計画として整備・それは同一市で受け入れる方針に転換した」との、基本方針の転換が明確になっているからであります。

 何故そのような方針になったのか、平成21年10月2日の東広圏議員全員協議会で説明された、平成21年9月25日作成の「補足説明」の資料で明らかであります。

 「ごみ処理広域化推進事業」は、平成10年度当時の3市6町の首長会で「ダイオキシン対策から、ごみ処理の広域化」が決定されたことから始まります。

 平成17年12月、当時はダイオキシン対策から焼却施設の整備を中心に検討され、旭市遊正地区を候補地に決定しました。しかし、平成19年7月、市民の強い反対運動で遊正地区での建設を断念する事になりました。

 平成21年6月30日、野平銚子市長、明智旭市長、江波戸匝瑳市長の三市首長会で銚子市長から「現在最終処分場の調査対象地が銚子市八木町地区しかない事に不公平感があり、反対の書面が提出されており、候補地として責任を持てない。焼却施設よりも住民感情の厳しい最終処分場の検討を切り離して、焼却施設の候補地を単独で検討する方法は困難が伴う」との意見が出され検討が行われました。しかし、三市首長会議では「この段階では、住民の理解が期待できる匝瑳市東小笹地区において、住民との意見交換会を実施し、最終処分場は別途改めて検討する」と議論され、こらが首長会議の決定として報告されました。

 平成21年8月10日の三市首長会議では、「銚子市、旭市の最終処分場の埋め立て残余年数がひっ迫しているため、広域での最終処分場の建設計画を早急に検討する必要がある」また「最終処分場の調査対象地は、現在銚子市八木町地区しかなく、地元住民から反対の声があり、このままでは責任を持って推進できない」中で、「焼却施設の建設用地を先行して決定してしまうと、より反対の強い最終処分場の用地決定が困難になることが予想される」などの理由から「焼却施設の建設を優先した建設方針から、焼却施設と最終処分場を一体の計画で、同一市で受け入れて整備する方針に転換する」となり、匝瑳市東小笹地区での検討は断念したのであります。

 その結果が、平成21年8月20日の東広圏議会全員協議会で「東総地区広域ごみ処理施設基本方針」として、「1つ、焼却施設と最終処分場は一体的に整備することとし、同一市内に建設する。2つ、建設用地の選定については、行政側のみで決定するのではなく、住民代表者・学識経験者等からなる検討機関を設置し、そこでの検討を経て決定する」が報告され確認されたのであります。

 平成21年10月2日の議員全員協議会では、平成21年9月25日作成された「補足説明」の資料が東広圏事務局長名で提出され、改めてこの間の経過が文章で報告されたのであります。これが東広圏における「ごみ処理広域化推進事業」の方針であります。

 そこで質問をいたします。


1つ、 この事業は、いま述べた経過からして、先ず最終処分場の設置の取り組みから始まるはずのものですが、何故焼却場が先行しているのですか伺います。

2つ、 最終処分場の検討抜きに、焼却施設の検討が進むことは、旭市や匝瑳市の理解は得られないと思いますが、両市の理解はどのようになっていますか伺います。

ページTOPへ