銚子市市議会議員

加瀬 庫蔵(かせ くらぞう)の公式サイト

Kurazo Kase Official Web Site

愛知県岡崎市の「中心市街地の活性化」と


「ビジネスサポートセンター」について



加瀬くらぞう

 2014年8月25日、上記表題の視察で人口37万人の岡崎市を訪問した。その中で特筆すべきは、oka−biz(おかびず)と言われる超一流の専門家によるビジネスサポートの取り組みである。

1、37万人の中核市でも中心市街地は人通りがなくなる・原因は大型店舗の進出

 原因は、銚子市と同じく昭和49年〜50年にイオンを始め4つの大型店舗が出来たことによる。商店街には人通りがなくなり、後継者もいなくなることから、商業の活性化を目指した取り組みが始まる。

2、この間の取り組み

 岡崎市でも、基本計画をつくり様々な取り組みをしてきた。その中で、力を入れたのが「個店の活性化・繁盛店づくり」で、「繁盛店の増加が地域の賑わい」を作るという事であった。そのために、

(1)、おかざき商人塾
@、
繁盛店づくりに必要な理論・知識の習得と、学んだ理論の自店での実践にチャレンジしてもらうとして、
以下を行っている。

理論研修 2時間×10回開催 店づくりの基礎を体系的に習得。

臨店指導 各店舗につき5回実施 学んだ理論をお店で実践・体得
A、 結果として

参加の理由は「自店の経営の参考にする」「自店の経営を何とかしたい」が多い。

参加後は 「実際に店内を改善することが出来た」「繁盛店を目指すための商業理論が勉強できた」が多い。実際に出店にこぎつけた店もあるとの事だった。

(2)、平成25年3月、100%商店街・商店出資のまちづくり株式会社が設立された

@、 商業活性化リーダー育成

A、 消費者参加型マップ等おもてなし事業

B、 空き店舗活用促進


等々を検討している。

3、特筆すべきは「ビジネスサポートセンター」(oka−biz=おかびず)

(1)、oka−bizとは

「堅実に努力する岡崎の中小企業や企業家に光を当て、より輝けるよう応援する産業 支援拠点」と説
明し、3つの特徴・テーマで「チャレンジを本気でサポートします」 としている。
(2)、3つの特徴とは、以下のように説明している

@、きく


「売上を伸ばしたい」「新しい事をしたい」と思い立った時点で相談をお聞きします。業種に関係なく、あらゆる事業の相談にお答えします

A、みつける


「売り上げが伸びない」課題や強みは自分では分かりづらいもの。あなたにしっかりと向き合い、課題や強みを見つけ、何をしたらいいかを明らかにします。

B、ささえる


相談を聞くだけでは終わらせません。皆さんと同じ目線で、親身に、前向きな解決策を一緒に考え、あなたのチャレンジをサポートし続けます。
(3)、超一流の相談員を配置している・財政は岡崎市

@、oka−bizの費用は

平成25年度 24,436千円 (平成25年10月開設)

平成25年度 24,436千円 (平成25年10月開設)

A、相談員・ビジネスコーディネーター6人、ITアドバイザー2名

常時2名体制で、週4回(火、木、金、土)

oka−bizの取り組みは大いに参考になった。いわゆる勘と経験だけでなく、キチンとした都市理論に基づいて、具体的な課題を見つけ、適切にアドバイスができ、サポートし続けるという事であった。それには相談員が一流でなければならない。しかも、その費用は行政が負担している。
当日は、竹下市議会副議長より歓迎のあいさつを受け、詳しくは、神尾典彦 経済振興部次長より説明があった。分かりやすい説明で感謝したい。

ページTOPへ